1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. アラフォー女の肌の弾力とハリ!40歳過ぎると妙に気なる肌状態

アラフォー女の肌の弾力とハリ!40歳過ぎると妙に気なる肌状態

アラフィフ?アラゴー?に近いアラフォー女の私はこの年になって一番感じている肌の悩みは、肌の弾力やハリです。
弾力やハリがない肌はたるみ始めています。

 

  • 若いころは結構キリッとした目尻だったのに、今は下がり気味。
  • ふっくらしていた頬も今はたるんでる。
  • キメの細かかった肌もきめが粗くなり毛穴が目立つ。
  • 顎のあたりも丸くなっている。

これってやはり肌の弾力やハリの無さからくる肌老化症状そのものです。
今更ですがスキンケアの大切さを痛感している今日この頃です。

 

少しでも若く見られる50代になるために今からできることを確実に行っていきたいです。

 

40代に多い肌の悩みはたるみ

現在48歳の私は、40代に突入した頃には、”たるみ”よりもシミやそばかすに対してアプローチをしていました。もちろん、今でもシミやそばかすは気になる存在ですが、全く気にしていなかった毛穴も気になるようになりました。そして一番がたるみです。毛穴も私の場合はたるみ毛穴といった感じです。

最初に気になりだしたのは、ほうれい線でした。常にほうれい線が目立つのではなく疲れた時や肌状態が悪い時に目立ちだす感じでしたが、徐々に濃いほうれい線が浮きでるような感じになってきました。
こうなると進行が速いです。頬もたるんでるし目元もたるむ。もしかしたら横顔を見られたときに、二重顎になってるんじゃないの?

ドンドン悪い方に考えてしまうんです。
そして鏡を見るたび、たるんだ目元、くすんだ肌、ハリのない肌、シワがチラホラ目立つ顔…気になると鏡を見る回数も減ります。

 

ですが、こんな経験ってありますよね?
綺麗だと思っていた女性、生き生きしている女性の年齢を聞いた時受けた衝撃の大きさ。

そんな時、誰もが思うんですよね。私もあんな風になりたいからしっかりスキンケアしよう!もっと高い美容液を買ってみよう!
もしくは、あの人と同じ美容液を使ってみよう!
そんな風に考えるようにもなります。

 

肌の弾力とハリの仕組み

18913047 – concept of cosmetic effects, treatment and skin care. face of young woman with dry skin

真皮層は、線維や毛細血管、リンパ管などがつまっており、これらが表皮層をささえて酸素や栄養素を送り込んだり、老廃物を運び去っています。主な成分として膠原線維(コラーゲン)と弾性線維(エラスチン)、これらの間を埋めるゼリー状のもの(ヒアルロン酸が代表的)です。これらは「線維芽細胞」という細胞から分泌されます。皮膚の弾力やハリは、このコラーゲンやエラスチンによって大きく左右されます。アンチエイジングの総合情報サイト

最近では、多くの番組や雑誌でも紹介されていますが、肌は一枚の「皮」ではなく、「表皮」と「真皮」と呼ばれる二層から成り立っています。どちらもそれぞれに役割があり、肌のオーバーターンが正常に行われ、コラーゲンなど弾力に関わる成分も生成されることで肌の弾力もハリも保たれています。

 

肌の弾力とハリが衰える3つの原因

肌の弾力が衰える原因はかなり多くありますが大きな3つの原因を紹介します。

紫外線

最も「ハリ・弾力」低下の原因となっているのは紫外線だと言われています。
紫外線というとシミ・そばかすの原因でもありますのでそちらばかりを重視しがちですがたるみの原因ともなっています。

紫外線も波長の短いもの、長いものの2種類があり、長い方の紫外線が肌の奥底まで届くことでコラーゲンや細胞にダメージを与えてしまいます。”紫外線を防止する”という意味では夏にピークがくるから夏だけ防止すれば・・・と思いがちですが、花粉や冬の乾燥でダメージを受けた春の肌に浴びる紫外線にも注意する必要があります。
参考記事夏にピーク!絶対焼きたくない人の紫外線対策

たるみを防止する意味でも紫外線対策は一年中必要なのでしょうね。

老化現象

肌にはコラーゲンやセラミドが必要だと言われています。その理由としては20歳をピークに減少していく傾向にあること、生成も同時に減少していくことにあります。
コラーゲンやセラミドは肌にハリと弾力を保つための成分となりますので減少することで肌もたるみます。
ですから、コラーゲン入りの美容液やセラミド配合の美容液などが必要となってきています。また、外からだけでなく内側からも生成を促すような食事やサプリが必要となってきています。
参考記事カサカサ・ゴワゴワ!冬の乾燥肌を防ぐ食べ物

活性酸素

食べ物などもそうですが酸素に触れることで酸化していきます。
カラダの中も同様で酸素を体内に取り込むことで活性酸素ができてしまいます。この活性酸素が皮膚を酸化させコラーゲンを固くしてしまうことで働きを鈍らせてしまいます。

 

40代からのスキンケアを考えてみる

29287657 – set of various cosmetics isolated on white background

 

もちろん、老化現象が起こることも想像していなかった20代、肌の変化を感じ始める30代の早いうちからしっかりスキンケアしていくことが必要です。40代、50代の
美魔女的存在の方々は若いうちからしっかり肌ケアを行ってきてのでしょうね。
ですが、若いうちに怠っていたから間に合わないこともなく40代で窮地に陥ている今からでも間に合います。
しっかりスキンケアしていきたいですね。

 

40代前半では感じませんでしたが徐々に感じ始めたのは、”肌の乾燥”でした。
もちろん、毎朝晩しっかりスキンケアしていました。子育て真っただ中で忙しい毎日でしたので時短コスメのオールインワンを使用しながら毎日スキンケアしていました。そして、時間のある時は化粧水でパックもしていました。
ですが、いつも肌の乾燥が気になっていました。時々、美容液を変えたり高級美容液を使用していました。
が、肌の乾燥を感じていました。

 

たまたま使用した化粧品で知ったことなんですが、肌の保湿と肌の保水力は違うんですね。その違いを知らなかったんですが、肌を保湿しても保水力が低下しているからいつも肌の乾燥を感じていたんですね。
肌の保水力を知ってから購入する化粧品も変わりました。とにかく保水力の高い化粧品を使うように心がけています。
それでも季節やカラダの状態により肌の状態にも違いがありますね。

 

一時期は時短コスメであるオールインワンオンリーの私でしたが最近は、ライースリペアなどがお気に入りです。化粧水と美容液の2工程となりますので面倒くさいと思いうがちな私でも毎日使えています。ただ、化粧水・美容液・クリーム・アイクリームなど工程が多いのはやはり避けてしまいます。
保湿をしたい箇所をピンポイントでスキンケアしていく商品は気になりますが、使いこなせないとわかっているのであえて工程の少ない化粧品を選び二重に使用したりと工夫しています。小じわはそれなりに減少していますが、たるみまではなかなか改善できないのが現状ですね。

 

肌の保水力がなかなか上げられないと感じているのでしたらこちらの記事も参考にしてみて下さい。
参考記事乾燥でどうにもならない肌悩みにライースリペア!トライアルセットがあるから安心

\ SNSでシェアしよう! /

ちょい美人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ちょい美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ちょい美人編集長

女性が気になる健康や美容の情報から子育てやライフスタイルのことまで幅広く紹介していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 陶器肌はメイクベースで作れるって本当なのかな?

  • よれない・浮かないファンデーションならマキアレベル♪色選びもバッチシ!!

  • 口が苦いと感じるのは亜鉛不足が原因って本当?亜鉛って言われてもピンとんこない

  • 40代のめまい!辛い症状が続いたので更年期サプリを飲み始めました

関連記事

  • 夏にピーク!絶対焼きたくない人の紫外線対策

  • シートマスクはいつ使う?120%フル活用で乾燥しらずの肌になれる

  • 肌の保湿~冬編~冬のスキンケアは+αのオイルで決まる!

  • 夏から秋にかけてのインナードライ肌進行注意報

  • 【ハチミツ美容法】目からうろこの活用術で枯れ肌脱出

  • 肌がカサカサになる季節到来!秋の味覚で乾燥肌対策