当サイトは一部の記事内で提携しているアフィリエイト広告を掲載しています

コンパクトで便利に使えるブルーノホットプレート

※この記事は提携しているアフィリエイト広告を掲載しています※

わが家は、ブルーノをもう5年以上も愛用中です。だから、大学生になり一人暮らしを始めた娘も、あると絶対に便利だろうな~と思いプレゼントしました。

色は可愛いピンクベージュです。ブルーノ直営店だと、限定カラーが豊富だから、ショップでは見かけることのない色のホットプレートが購入できます。また、コラボ商品も良く出ています。今の時期は、スヌーピーとのコラボとなっていましたが、娘はピンクベージュのホットプレートを選びました。

本当はマスタードが良かったんですが既に売り切れでした。

目次

ブルーノのホットプレートの基本セットと付属品がある

ブルーノのホットプレートを初めて購入する場合は、基本セットとなります。
平面ホットプレートとたこ焼きホットプレートの2種類が付いたセットが基本となっています。

木のヘラが付いていますので、こちらで取り外しします。
最初は使っていましたが、今は手で取り外しています。それくらい簡単に取り外しできますが、熱い時はヘラを使いプレート交換しています。

休日の昼は焼きそばなど焼きながら食べています。その他、餃子、トルティーヤ、お好み焼き、ヤンニョムチキン、焼き肉などで使っています。
これはわが家のモスグリーンのブルーノホットプレートになります。

平面とたこ焼きだけでも十分ですが付属品として3種類のプレートが用意されています。

グリルプレート・セラミックコート鍋・マルチプレートとなります。

こちらマルチプレートです。
大判焼きも作れますし、目玉焼きも奇麗な形でできます。6個あるのでそれぞれ1個ずつ使いソーセージや野菜を焼いて食べたりもできます。ミニお好み焼きも作りました。

こちらがグリルプレートです。
焼肉などができます。平面プレートでもいいんですが、溝があるから脂が落ちやすいです。ただ、想像通り洗いにくくはあります。

こちらがセラミックコート鍋です。
見た目でも分かるように少し深くなっています。煮込み料理などが作れるようになっています。

基本の平面プレートでもアクアパッツァ風に野菜や魚の蒸し料理なども作れます。

【PR】ブルーノ基本のホットプレート詳細を確認

ブルーノの使い方と注意点

ブルーノはコンパクトなホットプレートですので、扱いも楽ですし、プレートが取り外せるので洗うのが楽チンです。本体は濡れた布巾などで汚れや油っこさを拭き取れば大丈夫です。

温度調節も簡単にでき、火力を強めたり弱めたりも自由自在ですので、焼くときは強火、焼きあがったら弱火といった具合に使えるので、かなり便利です。

わが家はクリスマスにブルーノでパエリアを作ることもありました。

当然ですがフライパンで作ると火からおろすと徐々に冷めます。ですから、ブルーノで作り弱火のままテーブルに置き食べます。弱火ですので焦げることもないです。ただ、少しだけおこげが出来てそれがまた美味しいです。普段の料理を温かいまま食べられるのですが、コンパクトですので邪魔になりません。大きな器のようなイメージです。

ただ凄く注意したいのが裏側のゴムです。
時間が経つと劣化するからか取れやすいです。外れても気づかないくらい勝手に取れます。

気にならない人はいいですがこのゴムが一個だけない状態だとテーブルに置いた時、バランスが非常に悪くなるので傾きます。ですから、ゴムが落ちてないかは気にしておいた方がいいですね。

【PR】

ブルーノは基本のプレートだけでも満足できる!

煮込み料理専用のセラミック鍋でアクアパッツァ作りました。

深いのでたくさんの野菜も入れられます。
モッコウイカとヒラメで作ってみました。ですが、平面プレートでも十分作ることはできます。ですが、セラミックコート鍋で作ると本格的に見えますし、盛り付けもしやすいです。平面プレートだと盛り付ける時、こぼれやすいのがデメリットです。

見た目は少なく見えますが、野菜をかなり入れました。鍋の深さがあるので野菜も盛り盛りに入れることができるのです。もちろん、ブルーノは蓋つきですのでしっかり蒸すこともでき便利です。

予算に余裕があるならセラミックコート鍋は買いでしょうね。

ホットプレートの種類を確認

まとめ

長年、使い続けたわが家のブルーノも古くなってきました。今回娘用に購入して、当時とセット内容に変わりないのに驚きでした。色やちょっとしたデザインの変化は合ってもブルーノホットプレートのセット内容が変わらないのは、それだけあれば家事をこなせるということでしょうね。無くても特に不便はないでしょうが、あるとかなり便利ですしわが家も週1ペースでの活用です。

コメントを残す