1. TOP
  2. ダイエット
  3. 夏太りを解消@秋はダイエットに最も適した季節だった

夏太りを解消@秋はダイエットに最も適した季節だった

 2016/08/29 ダイエット
この記事は約 7 分で読めます。 266 Views

台風がドンドンやってくると夏も終わりかな~と感じますね。
そんな時期、「なんか太った気がする。」と感じている女性がチラホラ!

 

実は「夏太り」する人は、「夏痩せ」する人の3倍もいるというデータが出ています。
この夏太り、男性よりも女性の方が多い傾向にあります。

 

ギクッとしたあなた、夏に太るとなかなか痩せにくいという研究結果もありますので早急な処置が必要となってきます。
今からでも遅くありません。
早速、今日から始めてみましょう。

 

夏太りの現状

夏というと食欲が落ち夏バテのイメージがあります。
猛暑日が続くと、いくら寝ても疲れが取れず、身体がだるいとか、食欲がないとかいう人が増えます。特に暑い盛りの昼食はそうめんやそばなど冷たい麺類で済ませてしまうこともおおくなっています。

食事量は減るけど汗は大量にでるので当然痩せていると思いますがこれがそもそも間違いだったんです。

夏バテしても痩せてはいません
ある統計によると夏太りする人は夏痩せする人の3倍もいるんだとか!

そして夏に太ると痩せにくいと言う研究結果もでています。

 

夏太りする3つの理由

夏太りする原因は暑さにより代謝が低下することや、外で体を動かす機会が減るなど夏の生活に原因があります。
夏太りしやすい理由をしりしっかり対策を取っていきましょう。

 

代謝の低下

暑さで汗をかきすぎると、体の脂肪の代謝を促すのに必要な栄養士である、ビタミンB1、B2 、B6、ミネラルが失われやすくなります。脂質代謝に必要な栄養素が足りないため、当然、太りやすい体質に変化してしまいます。その上、暑さのあまり冷たいものをとりすぎてしまい「内臓の冷え」がおこっている状態です。
冷たい食事は思った以上に塩分が多かったり、カロリーが高い食事となってしまいます。
塩分が多い食事を涼しい部屋の中で食べるわけですから、食事中や食後に喉が渇いて冷たいものをガブガブ飲むという結果になりがちです。そのため、水分の代謝がうまくいかなくなります。結果、むくみの原因を作ってしまっていることとなります。

 

そして、もう一つの代謝の低下の原因は、冷房の効いたところに長時間いるために、消費エネルギーが少なくなって太りやすくなってしまいます。

 

運動不足

夏になると暑さのため、また熱中症の心配もあり屋外でのスポーツはしない人が多いです。
また極力外出を控えて室内でゆっくり過ごす日々が増えます。その結果、運動量が減り代謝量も減っています。
そして、日中あまり体を動かさないことで夜も眠れない場合もあります。睡眠不足も太る原因となっています。

 

バランスの悪い食事

夏場の食事といえば、麺類、パン類、アイス、おにぎりそして水分といった糖質を軽く摂取することが多くなりがちです。燃焼や代謝に必要な、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など大事な栄養素がしっかりと摂取できていない事が多いです。

その上に飲み会も多くなり、焼肉やうなぎといったスタミナ食+ビールなどを摂取しがちでもあります。夏バテしないようにと高カロリーのものが続くと、当然カロリーオーバーになってしまいます。
そして、疲れると食べたくなる甘いもの。冷たく甘いデザートは夏場には特に美味しく感じます。

 

過食、カロリーの多い食事や偏った食事により一生太りやすい状況を作ってしまっています。

 

今すぐ始めよう夏太り対策

9115976 - young girl measures her weight with the weights
 

少しでも動くことを心がける

夏太りを防止するためには、やはり運動はかかせません。外に出て運動をしなくても室内でも小まめに動くことを心がけましょう。それだけでも最低限のカロリーを消費することができます。

部屋の中で、軽いストレッチをする、階段の上り下りをする、軽くジョギングするという例もあります。
また、子供が朝ラジオ体操に行くのでしたら一緒に行って見るのもおすすめですし、家の中でラジオ体操するのもおすすめです。忙しいから出来そうにないと思いますが、やり始めると肩こりや体のコリがやわらぎ効率アップします。

 

規則正しい食生活

夏だからといって冷たい食事にせずにいつものように、規則正しい食生活を行えば夏太りは解消されます。バテてはいけないと思い込んでしまい、高カロリーなものを多く摂りがちですが、カロリーオーバーにならないよう気をつけるようするだけでも違います。
BBQや飲み会で高カロリーな食事をしたのでしたら翌日は、カロリーを考えた食事をするのもいいですよ。

 

また、たんぱく質も必要ですので麺だけおにぎりだけで済ませないように、肉や魚、卵、豆製品などを積極的に食べましょう。

 

身体を温める

夏は一日中冷房の効いた部屋で過ごすことが多いので、シャワーで簡単に済ませず湯船につかってしっかりとカラダを温めましょう。カラダの温めると、外気温との温度差もなくなり暑さにも強くなり冷え性の改善にもつながります。

 

これから始める秋ダイエットのすすめ

秋といえば食欲の秋ではありますがダイエットにはお勧めな季節でもあるといいます。
夏太りしてしまったのは仕方ないので、しっかり秋ダイエットしてスリムな体に仕上げていきましょう。

 

ダイエット成功のカギは「副交感神経」。自律神経には、ストレスや緊張によって高まる「交感神経」と、体をリラックスし休ませる「副交感神経」の2つがあり、両者がバランスよく交互に優位になることが望ましい。そうすれば、血流がよくなり、代謝活動がスムーズになって効率的な脂肪燃焼を促してくれるからだエキサイトニュース

 

運動には快適な季節

033

秋は運動するのに適した気候です。暑さは続きますが夏のように暑くなく、寒くもないし紫外線も少しは和らいでいます。無理なく運動が続けられる気候だということです。
また穏やかな気候でリラックスできる秋は、副交感神経が高まりやすいことからダイエットに向いています

 

暑くてエアコンの部屋でビデオ鑑賞していた人も、秋は外に出て景色を楽しんだりウォーキングしたり味覚狩りに出かけたり活動も活発になる時期です。そんな楽しみもダイエットに利用して行けるといいですね。

 

代謝が上がる季節

秋は代謝の上がる季節です。
夏が終わり、秋から冬にかけて気温が徐々に下がっていくことで、基礎代謝が上ってきます。
この時期が、ダイエットを始めるには『最適の時期』といわれています。

 

少しでも時間を作りウォーキングしたり、家の中でも動くことを心がけたいですね。また、ダイエットに冷えは禁物ですので、カプサイシンの唐辛子、ショウガオールのショウガなども食事に取り入れて燃焼しやすい身体にしていきましょう。

 

秋の野菜には食物繊維がたっぷり

a0555_000082

 

食欲の秋ではありますが秋に旬といわれる野菜には食物繊維を多く含むものが多いんです。
秋に旬を迎える代表格は、栗とサツマイモですがどちらもかなりなど食物繊維が豊富な食べ物で美味しいです。

 

それ以外にも、里芋、山芋 、ごぼう 、れんこん、きのこ、カリフラワー、かぼちゃなどがあります。夏場は暑さから炭水化物オンリーの食生活になってしまっているので、旬の野菜をダイエットに活用して行きましょう。

 

まとめ

夏太りの原因は暑さによる生活習慣の変化が原因でした。
この夏は暑すぎて太ってしまったと自覚しているなら、まだまだ続く暑さを規則正しい食生活とちょっとの動きで対処していきましょう。
そして一年の中で最もダイエットに適している秋ダイエットを始める準備をしましょう。秋にしっかり太りにくい体質に変えていくことも出来そうですね。
夏の終わりから少しずつダイエットの準備を始めて秋には本格的なダイエット開始です。とはいえ、普段は適度な運動、適度な睡眠と旬の野菜をたっぷり食べることを行っていくだけです。そして、休日はレジャーも兼ねて外で思いっきり遊べたらいいですね。

 

楽しく簡単にできるダイエットを今から考えておきましょう。

 

この記事の他にもダイエットに関する記事や健康に関する記事も掲載していますので参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

ちょい美人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ちょい美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ちょい美人編集長

女性が気になる健康や美容の情報から子育てやライフスタイルのことまで幅広く紹介していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 陶器肌はメイクベースで作れるって本当なのかな?

  • よれない・浮かないファンデーションならマキアレベル♪色選びもバッチシ!!

  • 口が苦いと感じるのは亜鉛不足が原因って本当?亜鉛って言われてもピンとんこない

  • 40代のめまい!辛い症状が続いたので更年期サプリを飲み始めました

関連記事

  • ホットヨーグルトを寝る前に食べる!体内のデブ菌を痩せ菌に!

  • メタボの敵【内臓脂肪】が増えるとどうしてダメなの?内臓脂肪を減らしたらいい効果あるの?

  • 40代女性のダイエットが成功しない理由

  • 40代女性は体型に関係なく下腹のポッコリに悩まされるのはなぜ?

  • 糖質ダイエットじゃなく低糖質ダイエットが凄い!今更だけど緩い低糖質ダイエットならリバウンドしないかも!

  • 食事のちょっとした工夫が内臓脂肪を減らす!自分の出来ることから始めてみよう!