勢いで仕事を辞めた私が考える仕事を辞めるとき

8月31日で仕事を辞めました。原因は人間関係です。
辞めたと言っても扶養のパートですので、正規で働く人にの参考にならないかもしれませんが、私の反省すべき点を紹介します。

仕事を辞めた理由はパワハラ

私が仕事を辞めた理由はパワハラのようなものです。
しっかり”パワハラ”といえるか否かは分かりません。都市部と違い、地域の人々の集まりとなっている田舎の話ですので、他人が集まる職場とは少し違った事情があります。

いわゆる田舎あるあるです。

元々、働き始めたその日から、仕事は教えてもらえない、口はきいてもらえない状態でした。たった一人だけなんですが、私だけでなく誰に対しても自分の機嫌で対応する大人げないおばさんです。
働き始めた時は、毎日毎日、仕事に行くのが苦痛でした。40歳になって新しい職場でいじめにあうとは正直、想像していませんでした。

でも根性で頑張り4年間勤務しました。
が、昨年チーフや同僚が数人辞めた頃から雲息が怪しくなってきました。意地悪なおばさんがチーフになってから、もう中がぐちゃぐちゃになってきました。人の悪口しか言わないですからね。
チーフなんだから、悪いことは悪いと指摘し、リーダシップを取って欲しいのですが、陰口しか言わないと・・・・

ここは田舎。誰もが見てみないふりをするのです。
で、私も耐えに耐えていたんですが、おばさんの行動がエスカレートしていくんです。

朝いきなり無視。理由もわかんない
シフトは自分志向
自分ルールに人の陰口

そこにコロナで暇な日が続きました。
客も来ない暇な日に、おばさんから無視されて何もすることがないんです。
まあ、考え方によっては、”我慢すれば給料もらえるんだからいいんじゃないの”

その通りなんです。

でも、私は堪忍袋の緒が切れて勢いで会社を辞めてしまいました。

辞めて手に入れたもの、無くしたもの

私の場合ですが、エアコンの効きすぎた場所で暇しているような職場でしたので、少し健康を害していました。心も病んでいた感じでしたね。でも、辞めたいと告げた日を境に健康状態が良くなりました。毎日、快便ですし、体も心なしか軽いです。

でも、前の会社の人脈というか人の繋がりというか信頼のようなものは失いましたね。人間関係で仕事を辞めるってこういうことなんだと思いました。
だから、今までおばさん絡みで辞めた人も貝のように口を閉ざして辞めていったんだと悟りました。

その会社っておばさんがいじめをしていることも承知しているし、皆がおばさんに気を使っていることを知っている、嫌いなことも知っている。でも知らん顔なんですよね。
だから、田舎だけど給料面ではいいんですよね。
数日しか働かないパートでも手当もくれましたし、有休もありました。コロナの時の休業手当も早く貰えました。

働きにくさを補ってくれるような待遇ではありました。

そしてもう一つ無くしたものがあります。
それが凄く大きいかも?
それは自由な時間です。
今までの職場は辛いことも多くありましたが、月に10日間ほどの勤務でしたので、それ以外は自分の時間でした。ですが、次の職場は、週6も働きます。

ただ、冬場から春先は自由に休みが取れるようです。
まあ正月休みは十分ありますし、春休みも取れそうです。
どっちがいいかはまだ分からない状態ではあります。

辞めて後悔はしていない

ただ、辞めて後悔はしていません。
だってこの先、何年もおばさんの仕打ちに耐えて働くほどメンタル強くないんですよね。基本楽しく働きたいんで。
”今日忙しかったね。明日も皆で頑張ろうね!”的な仕事のスタンスを求めているんですよね。
それがなかったから、仕事に行くこと自体が苦痛でした。

自分でも我慢すれば良かったのに。本当に馬鹿だと分かっています。
もしかしたら、新しい仕事の方がいばらの道かもしれません。
それでも、私は踏み出してしまいましたので腰据えて頑張るしかないんですよね。

それに、辛かった勤務日のことを思い出しただけでゾッーとします。私、相当メンタルやられていたのかもしれません。破壊寸前だったのかもね。

新しい職場の調査は大事

仕事を辞めるのは簡単です。勇気を出すだけですから・・・
問題は次の職場なんです。

意地悪なおばさんはどこにでもいます。
人間関係の問題はどこにでもあります。
次の職場でも人間関係で辞めたくなる可能性もあります。

だから、次の職場の調査が必要ですね。

私は一応、調査したんですね。
でも実際に今現在、働いている人には聞けないかったのが痛手でした。
とはいえ、田舎で四方八方塞がれている土地なので仕事を選ぶことは出来ない状態だと考えるとまあまあの職場ではあります。

ですが、辞めるなら次の仕事もしっかり決めて冷静になってからの方が良いとは思います。

また、理想を言うなら、辞めたいのを我慢しながら自分磨きのスクールに通うなどはいかがでしょうか?
スキルアップすることで転職も可能ですし、新たな分野に挑戦するのもありです。
このクソーという気持ちを盾に頑張ることも出来るでしょうし、スキルアップしてもっと条件のいい会社に転職して見返してやるのが最も理想ではあります。

また自分らしく生きる道しるべを求めてスクールに入る女性も多いのです。
コロナ禍の時間を上手に活用してステップアップもいいですね。

私もコロナが終息した後は、自分らしいライフスタイルを実現できることを目指しています。
自分らしさを求めた働き方を見つけたいミレニアル女性に人気の学びのスクール

まとめ

とりあえず、今も私の考えは変わっていません。人間関係を理由にして仕事を辞めるべきではないと思っています。思っているし理解しているんだけど、辞めると決めた時は冷静になれなかった。それだけ、まいっていたのかもしれません。待遇面や給料面を考えると早まったと思いますが、辛かった日々がフラッシュバックすると辞めて良かったという結論に至ります。ただ、辞める前にもう少し、色々と準備して辞めた方が良かったとは感じています。

ですが、何にも負けないような鋼の心が欲しいです。
自分は強いと思っていたけど案外脆かったと分かりました。これからは難しいこと考えずに、思うがままにマイペースで行こうと思っています。その結果、クビとかになってもまあいいか~って感じです。

コメントを残す