1. TOP
  2. ダイエット
  3. ずっーと焦げないフライパンって本当?フレーバーストーンを買ってみた

ずっーと焦げないフライパンって本当?フレーバーストーンを買ってみた

この記事のタイトルとURLをコピーする

マジでダイエットしないとヤバイ状態になってきている私。
前から気になっていた”ずっーと焦げないフライパン”という宣伝文句!
このフライパン、焦げないだけでなく、油不使用のフライパンなんです。無理な食事制限ではなくヘルシー料理で健康体を目指そうと思い買いました。

美味しく食べられて腹回りの脂肪が減ったら言うことなし!

 

フレーバーストーンとは?どんなフライパンなの?


フレーバーストーンのような商品は数多くありますが、どれがいいのかわかりません。ただ、私がこのフライパンを知ったのは、「雑誌LDK」のフライパンランキングで1位だと紹介されていたことでです。
そんなフレーバーストーンはどんなフライパンなのか紹介していきます。

くっつきにくく焦げ付きにくいフライパン

フレーバーストーンは、特別なコーティングで食材がくっつきにくく焦げ付きにくいフライパンとなります。また、汚れもスルッととれるから後片付けも楽です。通常のフライパンでも最初は焦げ付きませんが使い続けるうちに徐々に焦げるようになります。フレーバーストーンは、耐摩耗テストを行い、60万回をクリアしています。

60万回は焦げずに使えるってかなり凄いです。
毎日フライパンを5回使うとして一年間で1,825回の使用。10年間で18,250回の使用とざっくり計算しても、60万回は程遠いです。

確かにずっーと焦げないフライパンというのも納得です。

油なしでも調理が可能なフライパン

また、健康志向な人やダイエットしないとと考えている人に嬉しいのは油なしでも普通に焦げることなく調理できることです。余分なカロリーをカットして美味しくヘルシーにお料理が楽しめます

そして、油は酸化しやすいといいます。でも通常の家庭では封を開けた油を使い続けることがほとんどだと思います。わが家ももちろんそうです。日頃から、空気に触れた油で調理するのには少し抵抗を感じながら使用していたので、油なしの調理はかなり健康にもいいように思います。

遠赤外線効果でジューシーに仕上げられる

遠赤外線での調理器具は数年前から人気です。遠赤外線の恩恵で美味しく調理できるからです。
フレーバーストーンも、板厚な構造となぅっているため遠赤外線効果のあるフライパンとなっています。お肉などを焼くと炭火で焼いたかのように外はこんがり・中はジューシーな焼き上がりになりますので、いつものお肉もワンランクUPしたような出来上がりでした。

何でもムラなく焼けるのが嬉しい

フレーバーストーンは、厚みのある板が食材にほぼ均一に火を通すから、ムラなくきれいに焼くことが出来ます。パンケーキもムラなくきれいな仕上がりになると紹介されていましたので焼いてみましたが、焦げることなく美味しそうな焼き色のホットケーキが作れました。

また、フレーバーストーンの使い方の注意点として、”弱火で使う”という点があります。ホットケーキやパンケーキなどは弱火でじっくり焼けるので子供のおやつ作りには重宝します。他の食材でも弱火でもムラなく火の通りが良いので、省エネにもつながります。

オーブンでも使えるから料理の幅が広がる

持ちては取っ手を付けたり外したりできますので、オーブンにも使えます。
グラタン、ドリア、キッシュなども均一に火が通り上手に作ることが出来ます。

そのまま食卓に出せるから使い勝手が良い

取っ手がないから作ったまま食卓においてもおしゃれです。青と赤がありますがどちらもフライパンといった感じではないので、そのまま出したい熱々料理にも重宝します。また、見た目もいいスクエア型フライパンですので、そのままでもOKですね。

重ねて片づけられるから場所をとらない

取っ手がないぶん重ねて収納しますので、場所は取りません。重ねて片づけることでコンパクトになります。

商品サイトでフレーバーストーンを確認

 

フレーバーストーンを使う前の感想

買う前から分かっていましたが、フレーバーストーンは取ってのないフライパンです。取ったり付けたりできるのでオーブンにも入れることができます。
でも、これってメリットでもありデメリットでもあります。

こういったタイプのフライパンを持っているのですが使いにくくて押し入れの中です。
今回は使い倒したいと思っています。

ちょっと持った感じが重いです。
フライパンを自由自在に振るのは無理かな?
炒め料理より、じっくり焼いたり蒸したりするような料理や煮込み料理に使うと便利な気がします。

 

フレーバーストーンを使ってみた感想

初めてフレーバーストーンを使って焼いたのは目玉焼きでした。
ベーコンを敷き、卵をのせました。もちろん、油もしかないのにフライパンにくっつくこともないですし、焼きあがった時もフライパンへの張り付きもなくスルっと皿にのせられました。

ただ、弱火ですので時間は少々、時間はかかりますが焼き上がりにムラもなく目玉焼きに関しては周りがチリチリになることもありませんでした。

そして、鶏肉・豚肉・ラム・牛肉などの肉類、様々な野菜、どんなものを焼いても油なしでも焼けますし、焦げ付きません。特に肉は均等に火が通るので、焼く場所を変えたりしなくてもOKです。
フレーバーストーンを使って焼きながら別の物も作るといった感じでも焦げません。使い方によってはかなり重宝するフライパンだと早々に感じています。

 

フレーバーストーンは確かにヘルシーごはん

想像通りフレーバーストーンは重いので、振ることは無理です。ですから、野菜炒めといった感じより、煮込みやじっくりゆっくり焼きたい物などに使うのがいいと感じました。

パエリア、アクアパッツァ、パスタ、炊き込みご飯、煮込み料理などを作り、食卓の真ん中に置き、自分のお皿に取り分ける的な使い方がベストだと感じています。

子供が巣立っていったわが家ではほぼ夫婦2人の生活です。
休日のお昼にパスタ、平日の夕食にはポトフや野菜の煮込みなどを作ることが多いので、フレーバーストーンで料理し、そのまま食卓に出しています。

ただちょっと不便に感じたのは、煮込み料理の時に蓋を使うのですが、取っ手を付けたままだとしっかり蓋ができません。ですから、あらかじめ具材を入れて初めから蓋をして調理するなど、自分なりの鍋の使い方をマスターする必要がありそうです。

そして、嬉しいこともありました。メジャーで測った訳ではないんですが、ズボンをはくときにボタンがきつくなりかけていましたが、楽にボタンができるようになってます。油使わないのがよかったのか、野菜を使った料理が増えた影響かわかりませんが、中年太りの私には丁度よいフライパンとなっています。

愛用者の感想を確認

 

フレーバーストーンを使うときの注意点

フレーバーストーンを使うときは傷つけないように注意することが必要です。
ですから、シリコン製のフライ返しやおたま、木製のおたまなどで料理をよそうようにしています。また、ステーキを焼いたのですが大きなままで焼くと、そこで切り分けることが出来ません。

切り分けるものは、あらかじめ切って置く、皿に取り分けて切ることになります。

そしてこちら。
フレーバーストーン専用の鍋敷きだと思っていましたが、片づけるときに鍋と鍋の間に挟むことでフライパンが傷つくことなく片づけられるようになっています。

また、弱火で使う必要がありますので、いつもの火加減より更に弱くして使う必要があります。それでもしっかり中まで火が通りますので大丈夫です。



この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ちょい美人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ちょい美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ちょい美人編集長

女性が気になる健康や美容の情報から子育てやライフスタイルのことまで幅広く紹介していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 鉄分を簡単に取る方法でたどりついたサジーってどうなの?

  • しめじを冷凍保存すると旨味アップする!早速しめじを冷凍した

  • ずっーと焦げないフライパンって本当?フレーバーストーンを買ってみた

  • 足のニオイの原因物質を強力洗浄する「アニセ薬用石鹸」を使ってみた

関連記事

  • 運気アップのための朝からちょっとだけ風水

  • 40代のめまい!辛い症状が続いたので更年期サプリを飲み始めました

  • 新しい職場での大人のプチいじめ!50代でもやる~嘘でしょう(+_+)

  • メタボの敵【内臓脂肪】が増えるとどうしてダメなの?内臓脂肪を減らしたらいい効果あるの?

  • ホットヨーグルトを寝る前に食べる!体内のデブ菌を痩せ菌に!

  • 【子供のいる家庭必見】インフルエンザにかかる人とかからない人の生活習慣